◆現場レポート/点検・修繕

マンション・ビルのエレベーター内部に鏡が付いているところが多くなった昨今。 その鏡が傷ついて、取り替えなければならないとのご相談を受け、安く仕上げる手法を提案し、全4基施工し直しました。 (写真をアップすると、表面は傷だらけ)

雨漏りすれば、オーナー様も、テナント様も、お互いに困ります。 なので、出来る限り、雨漏りを止めたい。 (今のところ、止まっているようです)

一昔前の特に賃貸用浴室シャワー水栓は、写真のように、浴槽と洗い場のどちらにも、利用できるものが多い。 しかし、ご覧のように蛇口が、2バルブ(給水・給湯が別)で、握力の下がった方には、案外不便。 一方、シングルレバーシャワー水栓の多くのスパウト(水の出る箇所)の長さが短い物ばかりという現実。

下屋(下屋根)下り棟板金内部の、防水処置が良くないようなので、棟板金を剥がして、雨漏り直し作業。

施工前に、疑似的に水を流してみましたが、やはり、ちょうどクルマから降りる当たりに水溜まり。 (この410番の方にしてみれば、雨が恨めしいでしょう)

当社リーフレットにも、さりげなく掲載していますが、 当社は、皆さんが困っているのを放っておくことを、悲しく考えるので、創業当時からずっと【24時間365日対応】を、続けてきております。 現場の状況次第で、出来る範囲が限られる場合がございますが、対応力を徐々に上げてきております。...

バルコニー下の、トタン屋根。 サビが発生する少し前。

一昔前の階段は、比較的【急こう配】なうえに、手摺りが無いため、案外と危険。 実際に家の中での事故で一番多いのが、階段からの落下によるものです。 次が、案外知られていませんが、脚立等で高い所のものを取る時に、落下による事故です。

【雨漏り】、皆さんが理解していないほど、多くの方々が雨漏りに苦しまれています。 特に多いのが、鉄骨造(S造)、そして、RC造・木造と。 自分の家や会社が雨漏りしているとは、他の方には恥ずかしくて、言いにくいですからね。

案外と、雨が降ると、ポスト内部が濡れてしまう事が多い。(ポストメーカー・種類・形状による) そこで、投函する方々が迷惑しないように、小さな庇を付けてみました。(透明な薄いアクリル板で)

さらに表示する