◆現場レポート/点検・修繕

バルコニー下の、トタン屋根。 サビが発生する少し前。

一昔前の階段は、比較的【急こう配】なうえに、手摺りが無いため、案外と危険。 実際に家の中での事故で一番多いのが、階段からの落下によるものです。 次が、案外知られていませんが、脚立等で高い所のものを取る時に、落下による事故です。

【雨漏り】、皆さんが理解していないほど、多くの方々が雨漏りに苦しまれています。 特に多いのが、鉄骨造(S造)、そして、RC造・木造と。 自分の家や会社が雨漏りしているとは、他の方には恥ずかしくて、言いにくいですからね。

案外と、雨が降ると、ポスト内部が濡れてしまう事が多い。(ポストメーカー・種類・形状による) そこで、投函する方々が迷惑しないように、小さな庇を付けてみました。(透明な薄いアクリル板で)

端から2枚目のポリカーボネート屋根を交換。

いまにも、照明器具(逆富士)が落下しそう。

近頃のトイレは、【節水型】のため、少しトイレットペーパーが多いだけでも、詰まりやすいです。 お客様が、3時間ほど掛けて頑張られていたようですが、食欲同様に、排せつ欲は、耐えがたいものですので、その際はお気軽にお声掛け下さい。

風の通るルーバー雨戸、夏場には重宝しますが、残念なことに、今現在、三和シャッターで雨戸を販売している以外は、全て販売をやめています。つまり、部品も無い。 本体はシッカリしているけど、戸車が擦り減ってしまったため、お年寄りの力では開閉できず、困っている方が案外と多い。

3月21日の大雨で、床に水が染み出した部屋。 昨年は、水が1㎝ほどの高さで浸水した時に比較すると、だいぶ軽微に。 (以前、外部の土間を先ずは直しました)

三協立山アルミ(現三協アルミ)の網戸本体、戸車は調整の範囲を超えているし、アルミ枠自体がグラグラして、スムースに動かない。

さらに表示する