カテゴリ:旭区



土間コンクリートを打ち終えたばかり。

新型コロナワクチンの接種率も伸び出し、感染者数も減り始めているなか、10月1日から、全国的に緊急事態宣言が解除されましたが、飲食・宿泊業・観光業・イベント業など多くの経営が好転することを期待しつつも、新たな波も恐ろしい。

台風16号、遠く離れているのに凄い力ですね。自然への畏怖を感じます。

ミキサー車から運び入れた生コンは、打ち継ぎ目が出ないように、素早いコテ均しが大切です。叩いてエアを抜きながら。

当社社員4人、その他家族、メインの職人さん方と、あと1週間ほどで、2回目の【コロナワクチン】を接種し終わります。
雨漏りすれば、オーナー様も、テナント様も、お互いに困ります。 なので、出来る限り、雨漏りを止めたい。 (今のところ、止まっているようです)

下屋(下屋根)下り棟板金内部の、防水処置が良くないようなので、棟板金を剥がして、雨漏り直し作業。

リモデルトイレへの交換作業。 上手くて、早い作業が、お客様からしたら、良いに決まっていますが、 さらには、取替え工賃・既存撤去処分費も含めて、安くてお買い得なコストパフォーマンスの高い工事には魅力があります。

長尺塩ビシート防水のよく見かけるベランダ。 水勾配が、排水ドレインに対して、【逆勾配】のため、乾くまでほぼ水溜まり。 ➡案外とこういうベランダ、多いです。 放っておくと、雨漏りのリスクも。

建設会社にしては、住宅の表札みたいなものでは、芸が無いし、 お金を掛けました!的な表札だと嫌味っぽいし・・・。

さらに表示する